読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うるさいほどの静けさ

B'zを中心に、音楽について書いていきます。更新不定期。

FOREVER MINE

GREEN ★★★★☆

【★★★★☆】

TAK「なんでこんな難しい曲作ったんだろう…(後悔)」

確か稲葉ソロでも「なんであんな早口な曲作ったんだろう…(後悔)」とか言ってた曲がありましたね。多分「遠くまで」のことだと思うけど。

 

TAKがライブでの再現に困った曲と言ったら他には複雑なリフを持つ「銀の翼で翔べ」なんかがある。

今回の「FOREVER MINE」もそれに負けず劣らずウネウネと動くリフが用いられている。

 

Aメロではイントロにも増して複雑なバッキングが。Bメロで一呼吸置いたのち、再び複雑なサビへ。

2番終了後には、カッティングからのソロ。

Cメロでも弾き倒したのちブレイクを経てサビへ、そのままアウトロへ…。

このアルバムの中では飛びぬけてギターワークが激しい曲である。

 

それに加え、基本的なメロディラインの完成度も高い。グルーヴの良さとも合わさって、多くの人が聴いて「かっこいい」と思える曲であろう。

 

歌詞については、女は永遠に自分のものであるに違いない、という自己への暗示とは逆に、女が自分から離れていく現実を目の当たりにしながらも、何年も自分への暗示が解けない男の話である。

そんなダメ男の話であるにも関わらず、激しい曲に乗せてこうも見事に歌い上げられると清々しさすら感じる。

 

『GREEN』の中では最もハードに仕上がったナンバーだ。