読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うるさいほどの静けさ

B'zを中心に、音楽について書いていきます。更新不定期。

ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜 

評価:★★★☆☆

のちに『The 7th Blues』でリメイクされる1stシングルの2nd beat。

 独特のアダルトな/気だるい雰囲気が印象的なナンバー。

 

最初に欠点を挙げておこう。

サウンドがペラペラ過ぎる為、折角の「アダルトさ」が弱くなり「気だるさ」が必要以上に大きくなってしまっている。

加えて他の曲同様に歌詞の内容が薄っぺらい。

 

これらは全てのちのリメイクで改善されることとなる。

 

続いて評価点。

独特のアダルトな雰囲気、これはB'zがヒットした後に発表される曲を含めても秀逸。

イントロのピアノからも既にそれが伝わってくる。

似たような雰囲気が味わえる曲には「VAMPIRE WOMAN」「TONIGHT(Is The Night)」等が挙げられる。

 

しかしながらやはりサウンドの薄さが気になってしまう。

リメイク版のレビューのことも考えて評価は低めに★3つ。