うるさいほどの静けさ

B'zを中心に、音楽について書いていきます。更新不定期。

NO EXCUSE

【★★★☆☆】

歌詞の内容は題名ママである。

 故に詳しく語るところはありません。稲葉スーパーお説教タイム。

強いて言うなら「ここ一番」という意味でのダブルミーニングが面白いってことぐらいか。B'zの中には『快楽の部屋』だったり「JAP THE RIPPER」などかなり多くのそういった意趣で作られた曲があるので特に取り上げる必要もないかなとは思うけど。

 

で、サウンド面に関してもそれほど取り上げることは多くないかなと。

 

・サビの盛り上がりには乏しいけどシャッフルなので聴いてて心地よい。

・それから全編通してワウが多用されてるタイプの曲はなかなか珍しいような気もする。若干「Walk This Way」っぽいリフがうねうね動くのは聴いててなかなか面白い。

 

うーんこれくらいか。

逆に言えば単純なシャッフル曲であり、万人受けする曲だろう。

 

ところで、ライブでこの1曲を披露する間に稲葉浩志という男は「性交渉」「手マ【自主規制】」「手コ【自主規制】」を行うという偉業を成し遂げている。お前じゃなきゃ事案だよこの野郎。

やっぱり野郎としては憧れずにはいられない男である。現世でどんな徳を積んだら彼に生まれ変われるのだろうか。