読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うるさいほどの静けさ

B'zを中心に、音楽について書いていきます。更新不定期。

Everlasting

GREEN ★★★☆☆

【★★★☆☆】

 コナンのタイアップとして使うにはちょっと壮大すぎるんじゃないかなこの曲。

B'zや稲葉ソロがコナンに提供する曲って合わない曲はとことん合わないよね。『ギリギリchop』とか『Overture』とか。

 

1番Aメロではピアノのみ、2番以降ではバンドが加わる。イントロや間奏、サビではストリングスが取り入れられている。

 

冒頭では「壮大」と書いたけれども、『Raging River』や『赤い河』のような「壮大」ではないんですよね。

静かなA,Bメロから一気に盛り上がるサビ。各パートが主張し合う間奏。そのままの勢いでラストサビへ。

アウトロでは余韻を残すように静かなピアノとちょっとした「泣き」のギター。

盛り上げるべきポイントをしっかりと押さえて、聴き手を曲に引き込まようといったTAKの意図がうかがえる。

 

言い換えれば教科書通りというか、冒険のない曲に留まっているのではないかと感じるんですね。

「壮大」である筈なのに「小さくまとまっている」というどっちつかずの出来になっているのが個人的に惜しいな、と思うわけです。

サウンド面に関しては、先述した曲の流れ以外に特筆すべき事項が見つからない、というのが率直な感想です。

 

歌詞については、これは何ともストレートな感情表現。

短く言い表すならば、「別れた恋人のことを時々思い出すと頑張れる」といった内容だ。

こちらも分かりやすい歌詞なので、特に取り上げるような箇所もないだろう。

 

批判が多くなってしまったようだが、全体的な旋律はやはり美しく、ギターソロの完成度も高いというのも事実である。

十分名曲に分類されるだろうが、その分どこかもう一捻り欲しかったな、と感じる一曲。