うるさいほどの静けさ

B'zを中心に、音楽について書いていきます。更新不定期。

THE BORDER

【★★★★☆】

ミディアムバラードの名曲。

 色々なBroさんから

『良い曲だけど地味』

『この曲の地味さ同様、この曲が好きな人も地味にいる。目立ってないだけ』

って話をよく聞くけどそんなに地味ですかこれ。そんな世論にBIGな石を投げるぐらいの気持ちでレビューしたいと思います。

 

いやまぁ気持ちは分からんでもない。

前後が『Sweet Lil' Devil』『JAP THE RIPPER』と印象深いハードロックだし、同アルバムにあるバラードなら『闇の雨』『春』とこれまた印象深い曲がある。

やはりアルバムの陰に隠れた名曲はこの曲のような待遇を受けるのだろうか。アルバム『RUN』の『赤い陽炎』とか。あれ他に思い浮かばないぞ。

この曲の特徴としてカッティングギターが全編にわたって使われていること、リズム隊が積極的に参加していることが挙げられる。似たような構造を持つ曲としては『JOY』、似たような雰囲気の曲で言うならば『TONIGHT(Is The Night)』等が挙げられる。

何だか段々この曲が地味だと言われる理由が分かってきたような気がする。

歌詞は分かれる寸前の男女が迎える夜(=THE BORDER)の話である。

女が写真を燃やしてしまうほどに破綻寸前の仲なのだが、男は

「疲れてるせいだよ」

だとか

「だめにはならないそう簡単に どうしてなんだろうそんな気がするよ」

だとか好き放題言っておいて、

「やっとここまで来たんだから ついでにだまされたと思って」

トドメを刺す横着ぶりである悠長に待っている姿がなんとも言い難い。解釈違う人いたらごめんね。

ということで歌詞はB'z史上でも中々お目にかからないダメな男と女のストーリーである。流石7thらしい、簡単には地味とは言わせないインパクトのある曲である。って何の話だこれ。

だが冒頭あんなに壮言大言を吐いておいて、レビューしてる内に世論も分からんでもなくなってきたので★4つ。何だかよく分からんレビューになってしまった。