読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うるさいほどの静けさ

B'zを中心に、音楽について書いていきます。更新不定期。

ヒミツなふたり

評価:★★☆☆☆

不穏げなイントロから始まるポップナンバー。

 先に評価点から述べておこう。

イントロの不穏げなシンセ。それまでのB'zにはありそうで無かった新たな試みだろう。

次にどこか『BAD COMMUNICATION』を彷彿とさせるアウトロでのTAKの弾きまくりのギター。

「弾きまくり」のこのアルバムの一角がこのアウトロに表れている。

 

だが、全体を通してみれば至って普通のポップナンバーである。

歌詞もかっこいいヒミツを彼女に隠している、という「絶望に打ちひしがれた主人公」が登場していない話。

何故このアルバムのこの位置に入れたのか。今アルバムの唯一と言っても良いほどの蛇足である。

Queen of Madrid」で一息つき、この後すぐに「赤い河」に移っても良い筈なのだが(『Strings od My Soul』は挟まるが)。

 

曲単体としてというよりも、アルバム全体の流れを止めてしまう原因としての評価だ。